歯ぎしり治療なら八王子の歯医者、小松歯科医院へご相談ください。

歯ぎしり治療


歯ぎしりには3つのタイプの歯ぎしりがあります

歯ぎしりには3つのタイプの歯ぎしりがあります

寝ている時のクセ“歯ぎしり”は、周囲が迷惑なだけでなく、本人にもさまざまな問題を引き起こす元凶です。なんと口の中がボロボロになるだけでなく、頭痛、腰痛、ひざ痛など全身の痛みを引き起こすこともあります。でも、自分には“歯ぎしり”はない・・・と思っていたら大間違いです。実は「ギリギリ」「カチカチ」といった音がしない歯ぎしりも多くあり、自分の歯ぎしりには気づいていないことも多いんです。
実は、歯ぎしりを詳しく見ていくといろいろな種類があることがわかりました。ひとつめは「口破壊」歯ぎしりです。歯が削れたり、ある日突然割れてしまったりと、口の中がボロボロになってしまうタイプです。
そして、2つめが「全身破壊」歯ぎしりです。なぜか、歯から遠く離れたひざや、腰、頭など全身に症状が出るタイプです。
さらに、衝撃の3つめが、「良い」歯ぎしりです。なんと歯ぎしりをすればするほど健康になるというのです!

「口破壊」歯ぎしり

「口破壊」歯ぎしりは、「歯の磨耗・破損」を引き起こします。
その結果、二次的に「知覚過敏」「歯周病」「虫歯」なども起こします。たかが歯ぎしりとあなどるなかれ。放っておくと、ひどい場合は小さく歯がすり減ってしまったり、突然歯が割れたりして激痛を引き起こすことも。一体、寝ている間に口の中で何が起こっているのでしょうか。そこで、歯ぎしりを長年してきたという4人の方に協力してもらい、「歯ぎしりの力」を測ってみることに。すると、被験者のうち2人は、起きている時に力いっぱい噛(か)んだ時よりも小さい力で歯ぎしりをしていたのに対し、残りの2人は、起きている時の2倍~4倍もの力で歯ぎしりをしていたのです。
起きている時よりも小さい力で歯ぎしりをしていたグループが「良い」歯ぎしり。そして、起きている時よりも強い力で歯ぎしりをしていたグループが「口破壊」歯ぎしりだったのです。なお、歯ぎしりの力の強さと、音の大きさは関係ありません。

カンタン!「口破壊」歯ぎしりの見分け方

「口破壊」歯ぎしりをしている人の口の中を見せてもらうと、ある特徴的なサインがあることがわかりました。それは、すさまじいパワーが歯や口にかかっているがゆえに出る3つのサインです。

骨隆起(こつりゅうき)

指で口の中を触るとわかる「ふくらみ」ができることがあります。これは「骨隆起」と呼ばれるもの。長いあいだ強い力がかかることにより、ひずみが生じた部分の骨が変形してしまってできると考えられています。比較的骨が出やすい場所が二か所あります。それは、下アゴの舌の下。そして、上アゴの真ん中です。骨が出ること自体は病気ではないので心配はいりません。

骨隆起(こつりゅうき)
  • 骨隆起(こつりゅうき)
  • 骨隆起(こつりゅうき)

くさび状欠損

歯の根元だけ欠けてしまった状態です(画像4)。強い力で歯が揺り動かされることで、根元にひびが入ります。その部分に歯みがきなどの力がかかると、くさび状に根元だけが削れる特殊なかたちになります。骨隆起、くさび状欠損のどちらか1つの兆候があれば、歯ぎしりによって強い力が加えられた証拠です。

くさび状欠損

起床時のアゴのだるさ

骨隆起とくさび状欠損のどちらか1つに加えて、「朝おきたときにピークとなるアゴのだるさ」があれば、まさに睡眠中に強すぎる歯ぎしりをしている証拠です。この条件にあてはまる場合は、歯科医を受診してみてください。

「全身破壊」歯ぎしり

朝起きた時にアゴや首、肩に疲労感を覚えるという女性に、寝ている時の様子を見せていただきました。すると・・・歯ぎしりをしている様子もなく、特に変わったところはありません。ところが、朝起きた時に肩の硬さを測ってみると、寝る前に比べてかなりこっていることがわかりました。一体寝ている間に何が起こっていたのでしょうか?実は、強い力で音もなく歯を噛(か)みしめていたのです。つまり「全身破壊」歯ぎしりの正体は「噛みしめ」でした。

ここぞというとき、人間は歯をくいしばりますが噛むというのは、全身の筋肉の活動を限界以上まで引き出すためのスイッチになっています。そのため、寝ている間に歯を噛みしめている人は、本来体を休めるはずの睡眠中にもかかわらず、全身の筋肉をずっと酷使し続けてしまっているんです。結果、頭から足の先までの様々な筋肉が疲労でボロボロになってしまい、「頭痛」「首の痛み」「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」などを引き起こします。さらに、筋肉によって神経が圧迫され、「めまい」「視力低下」「耳鳴り」なども起こることがあります。

この噛みしめによる「全身破壊」歯ぎしり、音が出ないので発見しにくいばかりか、歯の磨耗がないこともあるので、本人も周囲の人もなかなか気づけないのがやっかい。しかし、この見分け方も超カンタです。!実は、これも先ほどの「口破壊」歯ぎしりと同様、骨隆起やくさび状欠損、朝のアゴの症状でわかります。音や磨耗がないからといって自分は歯ぎしりしてないと思わずチェックしてみてください。

健康に「良い」歯ぎしり

では「良い」歯ぎしりとは具体的に何が良いのでしょうか。実は、ある病気と関係しています。それは、いやな胸焼けや胃のもたれ、時には、激しい胸の痛みが襲う病気「逆流性食道炎」。胃酸などが胃から逆流することで、食道に炎症がおこる病気です。患者数はなんと1200万人!実は、この逆流性食道炎をなんと、歯ぎしりが防いでくれるというんです。歯ぎしりによって歯をかみ合わせると、反射的に唾液がでます。この唾液を飲み込むと、食道に逆流した胃酸を中和するので、炎症を防いでくれるというわけ。
他にも、ストレス物質が減るという研究や、血糖値や血圧が下がるという研究結果もあります。実は、歯ぎしりは多かれ少なかれ誰でもしているもの。軽い力で歯ぎしりをしている分には、体に良いものなのです。

歯ぎしり治療のポイントは?

歯ぎしりの治療法のポイントは“「歯ぎしりは治らない」ので、「良い歯ぎしり」に変える”というもの。歯ぎしりは誰もがしていて、ストレス解消など良い面もあります。そこで治療は、「悪い」歯ぎしりを、「良い」歯ぎしりに変えていくのです。
治療のもっとも手軽な方法はマウスピース。歯に過度にかかる力を分散させる効果があります。また、音も出なくなるので、症状がなくても音だけ何とかしたいという人にも効果的です。

根本的な治療としては、かみ合わせ治療が中心になります。歯を削ったり、足りない部分を付け足したりすることでかみ合わせを変えます。また、全体的に治す場合は矯正などの方法がとられます。

「歯ぎしり」に関するQ&A

歯ぎしりに関するQ
「口破壊」「全身破壊」歯ぎしりの見分け方を教えて
歯ぎしりに関するA
「口破壊」歯ぎしりも「全身破壊」歯ぎしりも見分け方は同じです。

骨隆起(こつりゅうき)

長い間強い力がかかることにより、ひずみが生じた部分の骨が変形してしまってできたふくらみです。比較的骨が出やすい場所は、下アゴの舌の下と、上アゴの真ん中です。骨が出ること自体は病気ではないので心配はいりません。

くさび状欠損

歯の根元だけ欠けてしまった状態です(画像3)。強い力で歯が揺り動かされることで、根元にひびが入ります。その部分に歯みがきなどの力がかかると、くさび状に根元だけが削れる特殊なかたちになります。

起床時のアゴのだるさ

朝おきたときにピークとなるアゴのだるさがあれば、睡眠中に強すぎる歯ぎしりをしている可能性があります。1「骨隆起」と2「くさび状欠損」のどちらか1つに加えて、3「起床時のアゴのだるさ」があれば歯科医を受診してみてください。

  • 骨隆起:下アゴ
  • 骨隆起:上アゴ
  • くさび状欠損
歯ぎしりに関するQ
歯ぎしりの治療法は?
歯ぎしりに関するA
歯ぎしりは多かれ少なかれ誰もがしていて、ストレス解消など良い面もあります。そこで治療のポイントは、「悪い」歯ぎしりを、「良い」歯ぎしりに変える、というもの。治療のもっとも手軽な方法はマウスピース。歯に過度にかかる力を分散させる効果があり、音も出なくなります。根本的な治療としては、かみ合わせ治療が中心になります。歯を削ったり、足りない部分を付け足したりすることでかみ合わせを変えます。また、全体的に治す場合は矯正などの方法がとられます。治療には保険が適用される場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

0426222724

ページトップへ戻る